MENU

CT 検査機器について

最新の16列マルチスライスCTスキャナを導入しています

当施設では最新の16列マルチスライスCTスキャナを導入することで、検査時間の短縮・精密な情報収集・放射線被ばくの低減を実現しています。

POINT 1:精密な情報収集・放射線被ばくの低減

被ばく線量の低減と精密な情報収集を両立(AIDR3D)
最新技術のAIDR3Dを搭載しているため、少ない線量で画像ノイズの低減を実現しています。これにより大幅な被ばく線量の低減と精密な情報収集を両立しています。
被ばく線量の低減と精密な情報収集を両立(AIDR3D)

POINT 2:精密な情報収集・放射線被ばくの低減

高速の画像撮影(Realtime Helical)
撮影中にリアルタイムで再構成画像が表示されるため、正確な撮影範囲を確認することができます。必要な範囲のデータ取得後はリアルタイムで照射を停止する事ができ、不要被曝を抑制できます。
高速の画像撮影(Realtime Helical)

POINT 3:検査時間の短縮・精密な情報収集・放射線被ばくの低減

最適線量を自動調整(Volume EC)
撮影者が指定した画質レベルになるよう受診者の体型に合わせて最適線量を連続的に自動調整するため、大幅に被ばく線量を低減しながら検査時間を短縮し、精密な情報収集も実現します。
最適線量を自動調整(Volume EC)

▲ページ上部へ戻る