MENU

腹部超音波

腹部超音波検査ができる範囲は肝臓、胆嚢、腎臓、膵(すい)臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣など多岐にわたり、健康診断では肝臓や胆道、膵臓、腎臓、脾(ひ)臓、副腎など、腹部の臓器に見られる病気のスクリーニング(ふるい分け)検査として利用されています。なかでも胆石、早期肝臓がんの発見に有用とされています。超音波検査では腫瘍などの有無にとどまらず、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。超音波検査はX線検査のように放射線被爆の心配がなく、検査を受ける人にも安全な検査です。産婦人科では胎児の診察にも用いられています。

検査方法一覧

  • 腹部超音波(五臓器エコー)

    超音波検査は人間の耳には聞こえない超音波を体内に送り、跳ね返ってくる音を画像化して診断を行います。検査方法は腹部にゼリーを塗り超音波を出すプローブという器具を直接腹部に乗せて動かし、写し出された画像を見ながら診断を行ないます。
    この検査では肝臓、膵臓、腎臓に腫瘍があるか、胆のうには胆石などがあるかを調べます。超音波を画像化すると腫瘍など異常な組織があるときはその周囲にある正常な組織との間にコントラストが生じてみえます。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る