MENU

動脈硬化

心臓病と脳卒中を合わせると日本人の死因の1/3を占めますが、いずれも動脈硬化が原因となって引き起こされることが多くなっています。

メタボリックシンドロームになるとたまった内臓脂肪から脂質がたくさん放出され、動脈硬化が進行します。
動脈硬化をすすめる危険因子としては、高血圧・喫煙・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)・肥満などがあげられます。これらの危険因子はそれぞれ単独で動脈硬化を促進すると考えられていますが、これらの危険因子が重なればそれぞれの程度が低くても心臓病や脳卒中のリスクが高まることがわかっています。

検査方法一覧

  • 頸動脈超音波

    超音波検査は人間の耳には聞こえない超音波を体内に送り、跳ね返ってくる音を画像化して診断を行います。
    検査方法は首にゼリーを塗り超音波を出すプローブという器具を直接首に乗せて動かし、写し出された画像を見ながら診断を行ないます。首には心臓から脳に血液を送る頸動脈があり、この頸動脈を観察することで動脈硬化の早期発見や進行具合を確認します。

  • LOX-index

    脳梗塞・心筋梗塞の10年後のリスクを判断することが出来る検査です。検査方法は採血のため簡単に行うことができます。
    LOX-indexの数値が基準値より高い人は低い人と比較して10年後に脳梗塞になった人が3倍、心筋梗塞になった人が2倍いたということが日本国内で行われた研究データによって裏付けられています。
    初期段階の動脈硬化を知ることができるため、自覚症状が全くない状況でも予防策を打つことができ、将来の疾患リスクの軽減に繋げることができます。

  • ABI

    ABI検査(足関節上腕血圧比)は四肢の血圧を同時に測定しその比率(足首収縮期血圧÷上腕収縮期血圧)を計算することで動脈硬化の程度を調べることができます。
    健康であれば足首の血圧の方がやや高い値をしめします。動脈の内膜にコレステロール等の脂質が沈着し、動脈に狭窄や閉塞があるとその部分の血圧は低下します。狭窄や閉塞は下肢にできることが多く上腕と足首の血圧の比によって血管の状態を測定します。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る