MENU

子宮頸がん

日本人は一生のうち2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。子宮頸がんで亡くなる方は年間で2千9百人ほど。子宮がんは30歳代後半から40歳代でかかる可能性が最も高いがんですが、若年化が進んでいるため20~30歳代で発生するケースもあります。

がんが発生する場所によって「子宮頸がん」「子宮体がん」の2種類に分けられ、子宮頸がんは子宮がんの全体の80~90%を占めています。子宮頸部の入り口である外子宮口のあたりに発生する事が最も多いがんです。一定の時間をかけてゆっくりと増殖します。子宮頸がんは、性交渉によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が発がんと関係しています。早期発見に繋げるためにも子宮頸がんは20歳から検診が必要です。

 

淀屋橋健診プラザ 予約システム

検査方法一覧

  • 子宮頸部細胞診

    子宮頸部を綿棒やブラシで軽くこすって細胞を採取します。採取した細胞は顕微鏡で観察し、良性か悪性かを診断します。そのほか内診で子宮・卵巣の状態を確認します。
    ※生理2~3日目、または経血量が多い時は検査結果に影響が出るため、その期間を避けてお越しください。

  • 婦人科超音波健診のすすめ

     当施設では、子宮がん検診にこられた方に同時に、その他の婦人科臓器の検診としての婦人科超音波検診も受けられることを勧めさせていただいております。
     婦人科超音波検査では、内診だけでは診る事が出来ないお腹の中の婦人科臓器を観察することができます。
     子宮や卵巣のホルモン状態や、卵巣がん、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮体がん、子宮内膜ポリープ、卵巣のう腫などの新たな所見が判明することもあります。
     あらゆる年齢の女性に発症するものもありますので、年齢を問わず、少なくとも年1回以上は婦人科超音波検査を受けることをお勧めいたします。
     膣が狭い方や性交経験のない女性には、腹の上や肛門から超音波検査をします。婦人科超音波検査には自費として別途2,160円かかります。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る