MENU

胃がん

日本人は一生のうち、男性も女性も2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。胃がんで亡くなる方は年間で5万人ほど。特に40歳以降は歳を重ねるごとに多くなります。

胃がんになる主な原因として「ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)」の存在が挙げられます。50歳以上では約40%の人がピロリ菌に感染していると言われています。胃がんの高危険因子とされていますが、ピロリ菌がいたからといって必ずしも胃がんになるわけではありません。

なおX線検診で見つかる胃がんの約70%が早期胃がんと言われています。早期胃がんの5年生存率は90%以上。早期発見・早期治療できれば胃がんは「治るがん」と言われています。

検査方法一覧

  • ABC検診

    ピロリ菌検査と血清ペプシノーゲン検査を組み合わせることにより、血液検査にて胃がん発生のリスクを判定する検査になります。一般的に「ペプシノーゲン陽性・ピロリ菌陰性」という状態が、胃粘膜の萎縮が進んでピロリ菌が棲めなくなっている環境となり、胃がんのリスクが最も高い状態とされています。これらの結果に基づき、胃レントゲンや胃内視鏡の精密検査を医師に勧められることがあります。

  • ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)検査

    ピロリ菌は1983年に発見された細菌です。この細菌に感染すると慢性胃炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍のみならず、胃がんやMALTリンパ腫などの発生につながることが報告されています。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となり得ることが明らかになっている唯一の病原体です。 治療方法は投薬になりますが、ピロリ菌の除菌療法の保険適用は「胃潰瘍」「十二指腸潰瘍」や「早期胃がんESD治療後」などに加え、近年では「慢性胃炎」までも対象範囲として拡大しています。

  • CEA

    腫瘍マーカーの一つで、ヒトの大腸がん組織と胎児の腸管から発見された蛋白であったことが呼称の由来とされています。主に消化器がん(大腸がん、胃がん、胆道がん、膵臓がん、肝臓がんなど)やその他のがん(肺がん、乳がん、子宮がん、尿路系がん、甲状腺髄様がんなど)があった際に数値の上昇が見られます。その他の疾患でも数値が高まることがあるため、他の検査と併用して行うことが多いです。

  • AFP

    腫瘍マーカーの一つで、胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される糖蛋白です。健康な成人の体内ではほとんど産生されないのですが、肝細胞がん、肝芽腫、ヨークサック腫瘍などの腫瘍細胞、また肺がんや胃がんの細胞から産生されるため、腫瘍マーカーとして用いられています。特に肝細胞がんではPIVKA-Ⅱとともに重要な腫瘍マーカーと言われています。

  • CA19-9

    腫瘍マーカーの一つで、血清中のシアリルLea抗原と呼ばれる糖鎖抗原を測定します。日本では1980年代前半から利用されはじめ、主に消化器がん(特に膵臓・胆のう・胆管)で陽性率が高いのですが、肺がん、乳がんなどでも陽性を示すため、CEAやAFPなどのマーカーと併用されることが多くなっています。なお胆石でも上昇し偽陽性を示すことがあります。

  • 血清ペプシノーゲン検査

    胃がん患者さんの胃の粘膜は、ほとんどの例で萎縮がみられます。また萎縮した胃粘膜を観察しているとがんの発生が高いことも知られています。ペプシノーゲンはペプシノーゲンⅠとⅡに大別され、この二つの比率(Ⅰ/Ⅱ比)が低下するほど胃粘膜の萎縮が進行していることを示しています。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る