MENU

遺伝子検査

遺伝子検査とはDNAの情報を読み取り、がんなどの病気のリスクや体質などの遺伝的傾向を知ることができる検査です。
同じような生活習慣をしていても動脈硬化や糖尿病になってしまう人となりにくい人がいます。これは肥満や運動不足、ストレスなどの「生活習慣」以外にも、動脈硬化や糖尿病が個人の「体質遺伝因子」から影響を受けるためと考えられています。

遺伝子検査の結果により自身の体質や将来かかりやすい疾患を知ることで、生活習慣や環境の改善などに取り組むきっかけとなります。健康的な食生活、適度な運動を継続することでかかりやすい傾向にある病気を未然に防ぎましょう。

検査方法一覧

  • サインポスト遺伝子検査

    サインポスト遺伝子検査は大阪大学医学部の研究成果を中心に生まれた遺伝子検査です。 動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞の日本人10,000症例以上のデータを調査して、様々な病態を引き起こしやすい遺伝子変化の組み合わせが見いだされました。
    このデータを用いて肥満、体内老化、動脈硬化、コレステロール、高血圧、高血糖、血栓、アレルギー、歯周病、骨粗鬆症、関節症、近視、喫煙、アルコールの14項目について解析します。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る