MENU

肝臓がん・胆嚢・胆管のがん、膵臓がん

日本人は一生のうち、男性も女性も2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。

肝臓がんで亡くなる日本人は年間3万人ほど。肝臓がんの80~90%はB型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされます。

胆のう・胆管のがんで亡くなる日本人は年間1万8千人ほど。胆のうにできる「胆のうがん」、肝臓から十二指腸までを結ぶ胆管にできるのが「胆管がん」で、これらを総称して「胆道がん」といいます。

膵臓がんで亡くなる日本人は年間3万1千人ほど。膵臓がんはアルコールの過剰摂取や喫煙など生活習慣との関連性も指摘されています。糖尿病や慢性膵炎、胆石症の人は通常よりも発生リスクが高い傾向にあります。

検査方法一覧

  • 腹部CT

    X線を使って腹部の断層写真を撮影する検査方法で、人体を透過したX線をコンピューターで処理し、身体の輪切り像を造ります。この輪切り画像を積み重ねることで、腹部の状態や動きを観察します。

  • CEA

    腫瘍マーカーの一つで、ヒトの大腸がん組織と胎児の腸管から発見された蛋白であったことが呼称の由来とされています。主に消化器がん(大腸がん、胃がん、胆道がん、膵臓がん、肝臓がんなど)やその他のがん(肺がん、乳がん、子宮がん、尿路系がん、甲状腺髄様がんなど)があった際に数値の上昇が見られます。その他の疾患でも数値が高まることがあるため、他の検査と併用して行うことが多いです。

  • AFP

    腫瘍マーカーの一つで、胎児の肝細胞や卵黄嚢で産生される糖蛋白です。健康な成人の体内ではほとんど産生されないのですが、肝細胞がん、肝芽腫、ヨークサック腫瘍などの腫瘍細胞、また肺がんや胃がんの細胞から産生されるため、腫瘍マーカーとして用いられています。特に肝細胞がんではPIVKA-Ⅱとともに重要な腫瘍マーカーと言われています。

  • CA19-9

    腫瘍マーカーの一つで、血清中のシアリルLea抗原と呼ばれる糖鎖抗原を測定します。日本では1980年代前半から利用されはじめ、主に消化器がん(特に膵臓・胆のう・胆管)で陽性率が高いのですが、肺がん、乳がんなどでも陽性を示すため、CEAやAFPなどのマーカーと併用されることが多くなっています。なお胆石でも上昇し偽陽性を示すことがあります。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る