MENU

前立腺がん

日本人は一生のうち2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。前立腺がんで亡くなる方は年間で1万1千人ほど。特に50歳以降は前立腺がんにかかる人が多くなります。

前立腺がんは近年もっとも増加しているがんのひとつとして注目され、2020年~2024年には男性がんのうち第一番目に多い病気になると予測されています。前立腺がんの発生には老化に伴うホルモンバランスの変化が影響すると考えられております。

治療には手術療法、放射線療法、内分泌療法(ホルモン療法)など様々な治療法があります。前立腺がん発症の確率が高まる50歳を過ぎたらPSA検査を受けることを日本泌尿器科学会は推奨しています。

検査方法一覧

  • PSA

    PSAは前立腺のがん細胞がつくりだす特異的な蛋白質の一種です。血液中にあるPSAを測定し前立腺がんの可能性がある人を見つけるためのスクリーニング検査をPSA検査といいます。かなり高い精度で前立腺がんを発見することができます。
    PSAの値は前立腺肥大症や前立腺炎でも高値になることがあるため、基準値以上の値が出た時は専門医を受診し詳しい検査を受けることになります。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る