MENU

腫瘍マーカー

日本人は一生のうち、男性も女性も2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。

腫瘍マーカーとはがんの指標となる特殊な物質のことで、大腸がんなどの診断に利用されるCEAをはじめ、いくつかの腫瘍マーカーが発見されています。この検査ではがんが生じたことによってつくられた特異的な酵素や蛋白、ホルモンなどが血液・尿中に増加していないかどうかを調べます。
腫瘍マーカーはがん早期発見のため、スクリーニング検査として使用します。ただしがんがあっても検出されないケースやがん以外の疾患でも増加することがあるため、画像診断や生検などを組み合わせて総合的に診断します。

検査方法一覧

  • 4種セット(NT-proBNP、CEA、AFP、CA19-9)

    血液検査によってがんや心疾患の存在によって血液中に増加する物質を簡単に調べることができます。
    NT-proBNPは心疾患(心筋梗塞や狭心症など)、CEAは主に消化器がん(大腸がん、胃がん、胆道がん、膵臓がん、肝臓がんなど)やその他のがん(肺がん、乳がん、子宮がん、尿路系がん、甲状腺髄様がんなど)、AFPは肝臓がんや卵巣がんや精巣がん、CA19-9は消化器がん(特に膵臓・胆のう・胆管)のスクリーニング検査として使われます。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る