MENU

メタボリックシンドローム

特定健康診査受診者数のうち約14%の人がメタボリックシンドロームに、約12%の人が予備群に該当しています。

メタボリックシンドロームとは内臓肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさり、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患をまねきやすい病態です。
メタボリックシンドロームを引き起こすおおもとの原因は内臓脂肪の蓄積です。腹囲(へその高さの周経)が男性で85cm以上、女性は90cm以上の場合、内臓脂肪量が多いとされています。しかし腹囲の計測だけではわからない「かくれ肥満」の方もおられるため、X線・CTスキャンを用いて腹部の断面像を撮影しなければ正確には内臓脂肪の蓄積を判断できません。
メタボリックシンドロームを改善・予防するには過食になりがちな食生活を改めて、積極的に体を動かし適度な運動を日常生活にとりいれる必要があります。

検査方法一覧

  • 内臓脂肪CT検査(FAT  SCAN)

    X線を使っておへその高さの断層写真を撮影する検査方法で、人体を透過したX線をコンピューターで処理し、身体の輪切り像を造ります。この輪切り画像から内臓脂肪の面積を測定します。 内臓脂肪の面積が100cm2を超えてくると100cm2未満の場合と比較して、高血糖・脂質異常症(高脂血症)・高血圧の合併症の発症頻度が高まります。そのためこの数値を内臓脂肪蓄積の基準としています。

オプション検査一覧に戻る

▲ページ上部へ戻る