がんリスク検査アイコン

がんリスク検査

日本人は一生のうち、男性も女性も2人に1人ががんにかかっています。そして年間36万人以上が、がんで亡くなっています。

 

がんリスク検査のうち、腫瘍マーカーとは、がんの指標となる特殊な物質のことで、大腸がんなどの診断に利用されるCEAをはじめ、いくつかの腫瘍マーカーが発見されています。

 

この検査では、がんが生じたことによってつくられた特異的な酵素や蛋白、ホルモンなどが血液に増加していないかどうかを調べます。

 

腫瘍マーカーは、がん発見のため、スクリーニング検査として使用します。

 

ただし、がんがあっても検出されないケースやがん以外の疾患でも増加することがあるため、画像診断や生検などを組み合わせて総合的に診断します。

 

その他、唾液でがんのリスクがチェックできるサリバチェッカーや、遺伝子レベルで測定するマイクロアレイ血液検査があります。

検査方法一覧

検査方法 内容 金額(税込)

■腫瘍マーカー

腫瘍マーカー3種セット
CEA、AFP、 CA19-9

血液検査によりがんの存在で血液中に増加する物質を調べます。
CEAは主に消化器がん(大腸がん、胃がん、胆道がん、膵臓がん、肝臓がんなど)やその他のがん(肺がん、乳がん、子宮がん、尿路系がん、甲状腺髄様がんなど)、AFPは肝臓がんや卵巣がんや精巣がん、CA19-9は消化器がん(特に膵臓・胆のう・胆管)のスクリーニング検査として使われます。
¥3,850
腫瘍マーカー男性セット
(CEA・AFP・CA19-9・PSA)

下記のがんリスクがわかる腫瘍マーカーセットです。

CEA:胃がん・膵臓がん・大腸がん・肺がん・肝臓がん・胆道がん・結腸がん・甲状腺がん・膀胱がん等
AFP:肝臓がん・胃がん・膵臓がん・卵巣がん等
CA19-9:膵臓がん・胆道がん・胃がん・大腸がん・卵巣がん等
P S A:前立腺がん等

¥5,280
腫瘍マーカー女性セット
(CEA・AFP・CA19-9・CA125・CA15-3)

下記のがんリスクがわかる腫瘍マーカーセットです。

CEA:胃がん・膵臓がん・大腸がん・肺がん・肝臓がん・胆道がん・結腸がん・甲状腺がん・膀胱がん等
AFP:肝臓がん・胃がん・膵臓がん・卵巣がん等
CA19-9:膵臓がん・胆道がん・胃がん・大腸がん・卵巣がん等
CA125:卵巣がん・子宮がん・乳がん等
CA15-3:乳がん・卵巣がん・膵臓がん・肺がん等

¥6,710
CYFRA
(シフラ)

扁平上皮ガンの判定に高い効果を発揮することで知られおり、肺がん(扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんなどの非小細胞がん)の検査においても幅広く用いられています。
(サイトケラチン19フラグメント)

¥3,300
PSA
(男性のみ)

前立腺がんに特異性が高い腫瘍マーカーです。
測定値が高くなるにつれ、前立腺がんである確率も高くなりますが、年齢により基準値が設けられています。前立腺肥大や前立腺炎でも高値になることがあるので、前立腺がんを確定するには詳しい検査を受けることになります。

¥1,980
CA125
(女性のみ)

卵巣がん、子宮がんに特異性が高い腫瘍マーカーです。

¥1,980
CA15-3
女性のみ)

乳がんなどに特異性があり、転移性乳がんに陽性率が高く、手術後の経過観察に大変有用な腫瘍マーカーです。
(乳がん・子宮がん・卵巣がん・肺がん・膵がんなど)

¥1,980

■その他

サリバチェッカー

肺がん・胃がん・膵臓がん・大腸がん・乳がん・口腔がんの6種類のがんリスクがわかる唾液検査です。
液中には体の中で生成される多数の小さな分子(代謝物)が含まれています。
サリバチェッカーはこれらの物質でがん組織の中から特異的に濃度が上昇する複数の物質を分析し、人工知能で解析することで、臨床研究のデータと照らし合わせてがんの疾患リスクを評価します。

¥36,300
マイクロアレイ血液検査

がん細胞に対する身体の反応を遺伝子レベルで測定できる最新の技術です。
早期発見が困難な膵臓がん、発症頻度の高い大腸がん、胃がん、胆道がんを感度・特異度90%以上の高い精度で早期判定します。
(膵臓がん・胆道がん・胃がん・大腸がんの4つのがんを血液で判定)

¥108,900

 

オプション検査一覧へ戻る